知識と学力

 

「知識と学力」 はやし浩司先生の育児・教育指導

 はやし浩司先生もの知りの人間が、賢い人間ということにはならない。

知識と学力は本来別のものであり、これを混同すると、教育そのものが混乱する。


たとえば幼稚園児が掛け算の九九をペラペラと口にしたとしても、その子どもが賢い子どもということにはならない。
いわんや算数ができるとか、頭のよい子ということにもならない。が、もしその子どもが、「車が3台でタイヤの数は12」と、即座に計算できれば、算数のできる子どもということになる。

さらにその計算方法を自分で考えだしたとしたら、頭のよい子ということになる。


 ところがこの日本では、子どもに知識をつけさせることが教育だと思い込んでいる人が多い。
教育の体系そのものがそうなっている。

あるいは入試内容にしても、学力をためすというよりは、知識をためすものになっている。
いろいろな改善策がこころみられてはいるが、基本的にはこの構図は明治以来、変わっていない。


たとえば今でこそやや少なくなったが、30年前にはどこに進学高校にはいわゆる頭のおかしい「勉強バカ」というのがいた。
勉強しかしない、勉強しかできない、頭の中は勉強だらけという子どもである。
しかしそういう子どもほど、スイスイと一流大学の一流学部(「一流」という言い方は本当にいやだが……)へ進学していった。

私は進学塾の講師をしながら、そのときはそのときで、少なからず疑問に思ったことがある。
「こんなことでいいのか」と。


 では、学力とは何か。
また学力はどうやって養えばよいのか。実はその答はあなた自身が一番よく知っている。

あなたが今、35歳なら35歳でよい。
あなたは20歳のときから今までの15年間で、何かを自ら学ぼうとしたか。あるいは学んだか。

何かを発見したとか、何かを新たにできるようになったとか、そういうことでもよい。そのとき「知識」は除外する。知識は学力ではない。


するとたいていの人は、何もないことに気づくはずだ。
もともと学ぶということにはある種の苦痛がともなう。

美濃部達吉も「語録」の中で、「学ぶ者は山に登るごとし」と書いている。
だからたいていの人は学ぶことを、自ら避けようとする。私やあなたとて例外ではない。

学力とはそういうものであり、また学力を養うということはそういうことである。つまりそれだけむずかしいということ。教育のテーマそのものと言ってもよい。


ここでもう一度、あなたにとって子どもの教育とは何か、それをじっくりと考えてみてほしい。


はやし浩司先生の育児・幼児教育コーナー9
NO’193〜NO’216
自分を知る 汗はかかせる
教育と指導 あせる親は結論も早い
いい学校から、いい家庭へ 遊びが子どもの仕事
疑いをいだかない愛 思考回路
愛情は落差の問題 構造的な問題
愛想は悪くて当たり前 知識と学力
子どもへの虐待 頭を良くする方法
あきらめは悟りの境地 読書のしつけ
悪筆、言ってなおらず あと一歩でやめる
普通こそ最善 個性は生きザマ
それ以上、何を望むか アルバムをそばに置く
己こそ、己のよるべ 前向きの暗示を

NO’1〜NO’24 NO’73〜NO’96 NO’145〜NO’168
NO’25〜NO’48 NO’97〜NO’120 NO’169〜NO’192
NO’49〜NO’72 NO’121〜NO’144 NO’193〜NO’216
NO’217〜NO’240 NO’241〜NO’264 NO’265〜NO’282
NO’283〜NO’292


情報・画像の出展:はやし浩司先生

※このページの文章・及び画像の著作権は「はやし浩司」様が保有しています。
当サイトでは「はやし浩司」様のご厚意により許可を得て掲載させていただいております。

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote


【はやし浩司先生のプロフィール】

はやし浩司先生1947年岐阜県生まれ。

金沢大学法文学部法学科卒業。
日豪経済員会給費留学生として、オーストラリアメルボン大学ロースクール(法学院)研究生、三井物産社員、幼稚園教師を経て、浜松市にてBW(ブレイン・ワーク)教室、幼児研究所を設立。

独自の哲学・教育論をもとに幼児教育の実践を行っています。

現在は教育評論家として、ホームページやブログ、メルマガ、ユーチューブ等を利用しながら執筆活動に専念しています。

●著書に「子育て最前線のあなたへ」(中日新聞社)、「おかしな時代のまともな子育て論」(リヨン社・2002年3月発行)、「ドラえもん野比家の子育て論」(創芸社)など、30冊余り。

うち4冊は中国語にも翻訳出版されています。

「まなぶくん幼児教室」(学研)、「ハローワールド」(創刊企画・学研)などの無数の市販教材も手がけ、東洋医学、宗教論の著書も計8冊出版されています。

●教育評論家、現在浜松市伝馬町でBW教室主催。

●現在は、インターネットを中心に活動中。

メルマガ・オブ・ザ・イヤー受賞(08)、

電子マガジン読者数・計3000人(09)、ほか。

「BW公開教室」を、HP上にて、公開中。

(HPへは、「はやし浩司」で検索、「最前線の子育て論byはやし浩司」より。)

過去の代表的な著書

子育て格言ママ100賢1子育て格言ママ100賢子育て格言ママ100賢子育てはじめの一歩

子どもの心・100の育て方目で見る漢方診断クレヨンしんちゃん 野原家の子育て論子育てストレスが子どもをつぶす

ドラえもーん・野比家の子育て論 子育て最前線のあなたへ受験に克つ子育て法ポケモン・カルト―あなたの子どもがあぶない!

・・・などなど30冊余り出版されています。

はやし浩司先生のHP・ブログ

はやし浩司のホームページ はやし浩司先生のメインサイトです。
子育て・幼児教育など、先生が実践されてきた内容が凝縮されています。
きっと先生の優れた教育感、人間味溢れる魅力をお分かりいただけると思います。
はやし浩司の書籍 先生が執筆をした過去の原稿をダウンロードして読めます。

読者の相談ページや進学問題、パパママの子育て診断ページもあります。

最前線の子育て論byはやし浩司(メルマガ版) メルマガ版「最前線の子育て論byはやし浩司」は2007年10月、
60000誌の中で、TOP-ONEに評価され、2008年のメルマガオブザイヤーを受賞しています。

先生の素晴らしい教育・子育て論を見てみて下さい。

育児・子育てBYはやし浩司のHP はやし浩司先生の携帯用ホームページです。
いつでも携帯から最新の子育て・幼児教育をご覧いただけます。

最前線の育児論byはやし浩司(Biglobe−Blog) 最前線の育児論のブログです。
子育てや教育について様々な視点・角度で執筆されています。

主に先生の哲学者的な内容を見ることができます。
しかし、先生は博識ですね〜。
お孫様のかわいい画像と、日記、教育論を掲載しています。

Yahoo!ブックマークに登録